1. TOP
  2. 支部活動
  3. 坂出支部

支部活動

坂出支部
支部事務局 香川大学教育学部附属幼稚園 桑原 育子

平成29年度支部総会のお知らせ

日時:平成29年8月27日(日) 13時30分~16時30分
13時30分~14時    総会
14時10分~15時10分 講話 『新学習指導要領の告示を受けて先生方に期待したいこと』 山田 知志先生
15時30分~16時30分 懇親会
場所:坂出プラザホテル

平成28年度支部活動報告

平成28年9月4日 坂出支部

 松楠会坂出支部の平成29年度の会員は、現職142名、OB132名の計274名です。21のOB地区と22の学校地区による構成で、事務局を附属幼稚園に置いています。

 平成28年度、附属幼稚園において6月5日に役員会、6月26日に坂出支部評議員会を行いました。そして、坂出支部総会は9月4日(日)に開催し、ご来賓として、松楠会本部より、松楠会副会長の大山正子様、学内理事の中島栄美子様のご臨席をいただきました。

 総会後に坂出支部の大先輩である玉井一郎先生にご講話をいただきました。テーマは『家族の絆』、家族間のぬくもり、心への寄り添いとは、心理的な相互関係の上に成り立つことをわかりやすく、またユーモアあふれる川柳や詩をもちいてお話しくださいました。家族の温かみは、当たり前ではなく尊いかけがえのないものであることに改めて感じ入りました。現職の先生方のご参会も多く、東部小学校 田井校長先生より玉井先生の「表情は無言の言語」という言葉を受けてお礼の辞を述べられました。

 また、今年度坂出支部に発足した「若年研修」について、西吉亮二先生よりご報告がありました。瀬居中学校教頭 谷本里都子先生を講師として、8月17日に「教育を語ろう会」をもち、10名の若手の先生方がご参加されました。日ごろの悩みを語り、交流を和やかにし、いい機会づくりになりました。

 今後とも、支部会員の皆様や本部の皆様のご意見を賜り、充実した運営を図りたいと考えております。よろしくお願いいたします。

桑原 育子(教育:平成4年卒)

平成27年度支部活動報告

 

平成27年9月13日 坂出支部

 松楠会坂出支部の平成27年度の会員は、現職133名、OB131名の計264名です。22のOB地区と21の学校地区による構成で、事務局を附属幼稚園に置いています。
 平成27年度は、附属幼稚園において、5月下旬に役員会を行い、6月21日(日)には坂出支部評議員会を開きました。

 坂出支部総会は、9月13日(日)に開催いたしました。ご来賓といたしまして、本部より松楠会副会長の大山正子様、学内理事の中島栄美子様のご臨席をいただきました。総会においては、平成26年度事業報告・会計報告、平成27年度事業計画案・予算案審議、役員改選等が行われました。そこで、松楠会坂出支部の新会長として、大前正昭様がご就任されました。前会長の細川勝信様から引き継がれました大前会長様とともに、会員一同協力し、今後もつながりを深めていきたいと思っております。

 今年度は、総会後に、坂出市史編さん所 所長 唐木裕志先生をお迎えし、ご講話をいただきました。テーマは、『古代・中世の坂出-菅公さんと崇徳さん-』。唐木先生は、現在の坂出から菅公さん、崇徳上皇さんにつながる歴史的場所、伝説等について、中世の文書や地図をもとにわかりやすく、また興味深くお話してくださいました。

 その後、坂出プラザホテルで懇親会を行いました。近況等を語り合い、和やかな雰囲気で会をもつことができました。
  今後とも、支部会員の皆様や本部の皆様のご意見を賜り、充実した運営を図りたいと考えております。よろしくお願いいたします。

坂出市史編纂所長 唐木裕志氏の講演 榮先生より乾杯のごあいさつ 細川前会長様とご一緒に和やかなご歓談

平成26年度支部活動報告

 

平成26年9月7日 坂出支部

 松楠会坂出支部の平成26年度の会員は、現職123名、OB139名の計262名です。22のOB地区と21の学校地区による構成で、事務局を附属幼稚園に置いています。
 平成26年度は、附属幼稚園において、6月中旬に役員会を行い、6月29日(日)には坂出支部評議員会を開きました。

 坂出支部総会は、9月7日(日)に開催いたしました。ご来賓として、本部より小比賀俊彦松楠会副会長様、田中栄美子学内理事様のご臨席をいただきました。総会においては、平成25年度事業報告・会計報告、平成26年度事業計画案・予算案審議、役員改選等が行われました。

 総会に先立ち、教育視察を行いました。今年度は、東山魁夷せとうち美術館を訪れ、東山氏の作品鑑賞をいたしました。東山すみ夫人より寄贈されました版画作品の中から、第Ⅱ期テーマ作品展として、「季節をまとう木々の装い」、「魁夷の筆あと/スケッチと版画より」を楽しむことができました。また、天候に恵まれ、眼前に広がる海に大きく瀬戸大橋を望め、美術館テラスにて、会員の方々と語り合う、ゆったりしたひとときを過ごしました。

 その後は、坂出プラザホテルで懇親会を行いました。近況を語り合いながら、終始和やかな雰囲気で会をもつことができました。香川大学よりお知らせのありました「ホームカミングデー」についての話にもご関心をもたれる方もいらして、先輩の方々とのつながりを強く感じさせていただきました。
今後とも、支部会員の皆様や本部の皆様のご意見を賜り、充実した運営を図りたいと考えております。よろしくお願いいたします。

平成25年度支部活動報告

 

平成25年11月10日 坂出支部

 松楠会坂出支部の平成25年度の会員は、現職146名、OB104名の計250名です。21のOB地区と22の学校地区による構成で、事務局を附属幼稚園に置いています。

 平成25年度は、5月22日(水)、附属幼稚園において役員会を行い、また7月7日(日)には坂出支部評議員会を開きました。

 坂出支部総会は、9月1日(日)に開催する予定でしたが、台風接近のために延期し、11月10日(日)に開催いたしました。ご来賓として、本部より小比賀俊彦松楠会副会長様、田中栄美子学内理事様のご臨席をいただきました。総会においては、平成24年度事業報告・会計報告、平成25年度事業計画案・予算案審議、役員改選等が行われました。

 総会に先立ち、教育視察を行いました。金山けいの里を巡りました。けいの里はサヌカイトの産地であり、発掘場やサヌカイト楽器の展示場などがあります。案内していただいたのは前田氏で、ご本人自ら石の研究をされたり、つくった楽器で、世界遺産であるイギリスのストーンヘンジなど海外でも演奏の機会をもたれたりしています。

金山けいの里にて

 里には、サヌカイト(カンカン石)が山道にも普通にあり、拾ってたたくと美しい音が響きます。割れている石は尖っており、古代人がナイフや石斧に使ったことが容易に想像できるものでした。展示場には、いろいろな美しい形の楽器があり、音色も様々です。これらのサヌカイト楽器は、前田氏の御尊父様が学術的な助言を受けて誕生させたものだと伺い、その思いの深さとすばらしさに感銘を受けました。同時に、わが坂出市に、このような神秘的ですばらしい文化や遺産があるのだと、嬉しく誇らしく感じさせてくれました。

 その後は、坂出プラザホテルで懇親会を行いましたが、近況を語り合いながら、終始和やかなひと時をもつことができました。今後とも、支部会員の皆様や本部の皆様のご意見を賜り、充実した運営を図りたいと考えております。

佐藤 美芽(教育:昭和58年卒)

平成24年度支部活動報告

 

細川支部長のもと、崇徳上皇ゆかりの史跡めぐり

 松楠会坂出支部の平成24年度の会員は、現職139名、OB103名の計242名です。21のOB地区と22の学校地区による構成で、事務局を附属幼稚園に置いています。

 平成24年度は、5月25日(金)、附属幼稚園において役員会を行い、また7月8日(日)には坂出支部評議員会を開きました。

 坂出支部総会は、9月9日(日)に開催いたしました。ご来賓として、本部より小比賀俊彦松楠会副会長様、田中栄美子学内理事様のご臨席をいただきました。総会においては、平成23年度事業報告・会計報告、平成24年度事業計画案・予算案審議、役員改選等が行われました。

 総会に先立ち、教育視察を行いまいしたが、この時に放映中であったNHK大河ドラマ「平清盛」の登場人物である「崇徳上皇」のゆかりの地を巡ることとなりました。テレビで放映されていることもあって、会員の皆も興味関心が深くとても楽しみしていました。当日は、崇徳上皇が住まわれていた鼓岡神社や、その時に飲み水として使っていた内裏泉、葬られた白峯御陵などを、我らが支部長である細川先生の軽妙でドラマチックなガイドのもと巡っていきました。

 その後は、坂出プラザホテルで懇親会を行いましたが、近況を語り合いながら、終始和やかなひと時をもつことができました。今後とも、支部会員の皆様や本部の皆様のご意見を賜り、充実した運営を図りたいと考えております。

佐藤 美芽(教育:昭和58年卒)

このページのトップに戻る