ナンバリングコード B2ENG-abxG-1N-Ex1   科目ナンバリングについて
授業科目名 科目区分 時間割 対象年次及び学科
Communicative English Ⅳ   LJ(11)
Communicative English Ⅳ
コミュニケーション科目 後期 水1 2~ 全学共通科目 
講義題目 水準・分野 DP・提供部局
対象学生・
特定プログラムとの対応
 
Communicative English Ⅳ
B2ENG abxG 1N
担当教員 授業形態 単位数 時間割コード
長井 克己[Nagai Katsumi] Ex 1 041411
DP・提供部局  
abxG
授業形態  
Ex
関連授業科目  
主題科目B-2で提供される講義
履修推奨科目  
Academic English I / II
学習時間  
授業90分×15回+授業外学習(予習・復習・課題)
授業の概要  
幅 広いコミュニケーション能力は、香川大学の全学生がその習得を求められるスキルのひとつです。この授業では、1年次の授業(Communicative English I/II)で身につけた「英語を用いてコミュニケーションを行うための基礎的な能力」を更に向上させます。
授業の目的  
この授業は英語コミュニケーション能力の中で特にライティング能力の育成に重点を置きます。15回の授業を通して受講生の英語でのライティング能力を向上させることを目的とします。
到達目標  
1.英語を用いて積極的にコミュニケーションを取ることができる。
2.ウェブの高度な検索で,適切なコロケーションを選ぶことができる。
3.手元を見ずにキーボードが打て,スペルチェックやシソラスが使える。
(共通教育スタンダード「課題解決のための汎用的スキル(幅広いコミュニケーション能力)」と「広範な人文・社会・自然に関する知識」に対応)
成績評価の方法と基準  
In-class writing: 20%, Effort: 20%,
Exam 1: 30%, Exam 2: 30%.
授業計画・授業及び学習の方法・準備学習及び事後学習のためのアドバイス  
【授業の⽅法】
(1) Watch/Read BBC news
(2) Discuss the topic
(3) Practice writing using Google advanced/collocation search
毎週ネット上で課題を提出し,出席確認とする。

【授業計画】
Oct 2:Introduction to the course / Unit 1
Oct 9 - Nov 20: Unit 1-4
Nov 27:Exam 1 / tutorial
Dec 4 - Jan 29: Unit 5-8
Feb 5:Exam 2 / follow-up

【授業外学習に関するアドバイス】
2回の試験は教科書の各課に2つずつの Reading の空所補充30問。

教科書・参考書等  
Broukal, M. (2015). Weaving It Together 2 Student Book
Cengage. ISBN 9781305251656.
オフィスアワー  
授業時に教員と相談の上、日時を決定して下さい。
履修上の注意・担当教員からのメッセージ  
事 前に教科書を購入し内容(教科書の前書きの部分と最初の章)を確認した上で、第1回目の授業に出席してください。遅刻は授業開始から20分以内までとしま す。それ以降は欠席の扱いとなります。遅刻を3回すると欠席1回となります。全学及び全学共通科目で定められている場合を除き、欠席回数が4回になった時 点で単位不認定となります。
参照ホームページ  
メールアドレス  
教員の実務経験との関連