2021年1月22日(金)
まわった〜!
 今、うめ組でもさくら組でも独楽が盛り上がっています。
 うめ組は「糸引き独楽」でさくら組は「缶独楽」です。
最初は「先生、糸巻いて。」と言う人が多かったのですが、友達同士で教え合って今ではほとんどの人が自分で巻けます。回せた人が友達に教えてあげ、回せるようになった人が増えてきました。

 できた時の大きな感動は表情から伝わってきます。嬉しそうで満足そうな笑顔を見ると私たちも幸せな気持ちになります♪ 「○○ちゃんが教えてくれたんだ!」という言葉に、教える人にはもちろん、教えてもらって喜びを感じている姿に成長を感じます。

 回せるようになると、友達と「いっせのーで」と一緒に回したり、回っている独楽に糸をひっかけて独楽を動かしてみたり、積み木の上で回してみたりと、いろいろな楽しみ方を見せてくれます。

 さあ、明日はどんな楽しみ方を見せてくれるかな?
2021年1月21日(木)
こうしもよう
 今日はうめ組全員で格子模様を作りました。切り目を入れた台紙に画用紙を編んでいきます。
最初に編み方を実演していると「市松模様みたい!」と11月の経験を思い出したり、「上・下・上・下って入れるんやね。早くやりたい!」と楽しみな気持ちを口にしたりしていました。

 好きな色の紙を選んでさっそくあみあみ♪ 途中でわからなくなっても隣の友達が教えてくれ、間違っていることにだんだん自分で気付いて直せるようになりました。どんどん模様ができあがっていくことが楽しい様子で、夢中であみあみ♪
「見て見て!きれいなのができた!」「○○ちゃんと同じ色だ!」「これ、バッグにした〜い!」と満足そうな様子。
「もう1枚したい♪」と2枚目、3枚目を作る人もいました。たくさん用意していた台紙があっという間になくなってしまいました。

 明日はもっとたくさん用意しておきますね(^v^)
2021年1月8日(金)
おかえりなさ〜い!!
 今日から幼稚園がスタートです。まさかの氷点下に震えながら待っていると「おはよう!」「明けましておめでとう!」と元気いっぱいに走って来た子どもたち。
「手、さわって。」と言われ、手を握るとまあ、なんと冷たい手!「冷凍庫からでてきたんだよ。」とみんなで笑い合うのを見て、「ああ、始まったなあ。」と嬉しく思いました。

 大人に寒さはつらいものですが、子どもたちにとっては遊びの宝庫。さっそく池を見ると、カチンコチン!!池の上に立って喜ぶさくら組さんに、棒で割って大切そうにお部屋に持って行くうめ組さん(手は真っ赤っかでしたけどね・・・)。
冬ならではの楽しさを満喫しました。

 そして、今日は鏡開きでもありました。今年一年間の健康を願って、みんなでぜんざいをいただきました。何度もおかわりに来てお餅いっぱいのおなかを見せてくれたかわいい子どもたち。

 連休明けからは、たっぷり遊びましょうね♪
2020年12月23日(水)
きたー!
 今日は幼稚園最終日。明日からしばらくお休みになります。
そして登園して来た子どもたち、

「きたー!!!」

とあちこちから聞こえます。何がって?


サンタさんです!!!


先日作った靴下の中にプレゼントが入っていました。それを見た子どもたちは大興奮(笑)

「先生にも来た?靴下見て!」と言われ、さっそく開けてみると・・・


「えー!先生のプレゼントはお化けだー!」大爆笑!

なぜか私の靴下にはかわいいお化けのオーナメントが入っていました。
おかしいな、サンタさん、間違えたのかな?でも、とってもかわいかったので、ツリーに飾りましたよ。
2020年12月21日(月)
サンタさん、くるかな?
 今日はクリスマスを迎えるための靴下を作りました。線に沿って画用紙を切り、プレゼントが落ちないように貼って、絵を描きました。「サンタさん、くるかな?」「ぼくはもうてがみをかいたんだ!」と楽しみな気持ちが言葉になってあふれ出てきます。

なんと!市松模様の服を着たおしゃれなサンタクロースを描いた人もいました(笑)
もううめ組には市松模様があちこちにあふれています。

 もうすぐクリスマス、サンタさんが来るといいですね♪
(先生たちも靴下を作ったので、サンタさん、来てくれるかな?)
2020年12月14日(月)
いちまつもよう(・v・)
 11月にうめ組全員で市松模様を描きました。最初はクレヨンを2色選び、交互に塗って模様ができました。ちょうど子どもたちが大好きなアニメのキャラクターが市松模様の羽織を着ていることもあり、とっても盛り上がりました。
 後日、今度は色紙を使って市松模様を作りました。少し難しいけれど挑戦し、色とりどりの模様ができて保育室が明るくなったようでした。

 それから子どもたちの中に「いちまつもよう」が身近な物となり、遊びの中でたびたび登場するようになりました。例えば、自分で色紙を切ってテープでくっつけて市松模様を作ったり、教師が準備しておいた紙ではなく、自分で四角を描いて塗り、完成した市松模様を箱に貼って「いちまつけいたい」を作ったり…。

 新しいことに出会うと、子どもたちはそれをすぐに遊びに取り入れます。その柔軟性に驚きながらも、これからも新しいことにたくさん出会ってほしいと願っています。
2020年12月8日(火)
さらっさらなんだよ!
 玄関の北側で座り込んでいる女の子4人。何をしているのかなとこっそりのぞきに行くと、さらこなを作っていました。さらこなは普通の土・砂をふるいや砂すくいなどの道具を使って作るさらさらの砂のことです。

 最近、さらこな作りにはまっている人が増えてきていました。でも、この4人の手元を見るといつものさらこなとは何かが違う・・・。あれ?
 不思議に思っていると「先生、これ触ってみて!」と言うので触ると、ふわふわです!
作り方を教えてくれました。さらこなに少しずつ水を入れていくとこんなふうにふわふわになるのだそうです。初めて知りました。
 さらに「これ触ると手がさらっさらなんだよ!」と言われ、自分の手を触ると本当にさらっさらでした!
ハンドクリーム以上の効果(笑)

 子どもたちは遊びの天才です。大人では思いつかないことをどんどん思いつき、やってみます。
さあ、明日はどんな遊びが始まるか、ワクワクしてきます♪
2020年12月4日(金)
もりあがっていること
 最近うめ組で盛り上がっていることがあります。それは「みんなに見せたい」「みんなにプレゼントしたい」という思いが芽生え、降園時に紹介したりプレゼントしたりすることです。
 例えば自分が色塗りした塗り絵をみんなに見せたり、園庭で拾った落ち葉を1枚ずつ手渡ししたりしています。
今日は、一人の女の子が折ったサンタクロースがあまりに素敵で、それを見た友達二人が「さようならの時にみんなにあげたい」と言い始めました。でも、全員にあげるには足りません。どうするのかと見ていると、3人で折り紙の束を取ってきてせっせと折っています。折っては数え、「まだ20個だから足りないね」と言い、また折っては数え・・・を繰り返していました。
 そして、なんと!!さようならまでに30個折り、みんなにプレゼントすることができました。自分ができるようになったことを見せたり、クラスの友達に作った物や集めた物をあげたいという思いが出てきたことを嬉しく感じながら見守っています。
そのため、少し降園に時間がかかりますが、保護者の皆様、子どもたちの大きな成長の第一歩として温かく見守ってくださいね!
2020年12月1日(火)
さらこな作り
 みなさん、さらこなって知ってますか?
その名の通り、さらさらの砂です。さくら組さんからうめ組さんへ、翌年、また次のうめ組さんへと、代々伝わっていくさらこな作り。作り方も様々です。「すなすくい」と子どもたちが呼んでいる道具を使う人もいれば、網を使う人もいて、最近は手で作る方法も子どもたちが編み出しました。
 どこの土や砂を使うかによってもできあがりが違うみたいです。園内の至る所でさらこな作りが行われます。弟子が二人もいるというM子ちゃんは、私たちより上手ではないかと思われるほどさらさらのさらこなを作ります。それに水を入れるとなんとも気持ちの良いふわふわの砂になることを発見しました。
 晴れの日が続いているので、土もよく乾いていて作りやすそうです。さあ、明日は誰がどんなさらこなを見せてくれるかな?
2020年10月24日(土)
高松園舎の運動会が開催されました!
 今日は待ちに待った運動会でした。今年は新型コロナの影響で、運動会を実施するか否か職員で何度も話し合いました。それでも、やはり子どもたちにとって思い出に残る大切な行事のひとつであることから、なんとか実施したいと計画してきました。
保護者の皆様にも人数制限や応援方法の変更などご協力いただきました。

 前日までの雨で開催が危ぶまれましたが、それでも子どもたちの思いが通じたのでしょう。
気持ちの良い晴天の下で運動会が始まりました。

 さくら組の堂々とした入場行進に続き、少し緊張した面持ちのうめ組さん。それでも元気いっぱいに附属体操を披露しました。かけっこも「転んでも泣かない」を合い言葉にゴールを目指して力一杯走りきりました。

 そしていよいよ表現「高松園舎に忍者あり」です。忍者の衣装に着替え、修行開始!!
忍者走りで入場し、変わり身の術、道具を使った術、岩転がしの術と修行を積み重ね、校長先生扮する殿から「あっぱれ!合格!」のお言葉をいただきました。喜びのダンスは、子どもたちの大好きなアニメの曲で踊りました♪ どの人の顔も満足そうな笑顔!

 運動会のラストを飾るのはさくら組のバトンリレー。毎日チームや走順を変えながら何度も何度も走ってきました。今までにも様々なドラマがありました。今日のリレーを制したのは青チームでした。喜びの隣で悔し涙を流す姿も印象的でした。

 運動会を経て、大きく成長した59人でした!保護者の皆様、応援ありがとうございました。
2020年10月21日(水)
運動会予行が行われました
 今日は運動会予行が行われました。入場行進から始まり、プログラム通りに競技や演技を行いました。みんな、やる気満々でした。

 うめ組は忍者修行の中にマットで前転があります。最初は横に転がったり、どしんと倒れたりしていたのですが、だんだんくるりと回れるようになってきました。くるりと回って颯爽とジャンプする姿はまるで本物の忍者のよう!
 さくら組はバトンリレーが盛り上がっています。

 もうすぐ本番。晴れますように・・・。全員で運動会を迎えられますように・・・。
2020年10月2日(金)
遠足に行きました!
 今日は待ちに待った遠足でした。朝から子どもたちの気持ちを表しているかのような快晴でした。

 今年は香川大学農学部の農場に芋掘りに行かせていただきました。到着してすぐに女の子が芋掘りに行きました。初めて芋の蔓や葉を見る人もいて、長い蔓に驚いていました。
そしてざくざく掘ると・・・。出てきました!大きなお芋、ごつごつしたお芋、細長いお芋など様々。「やった〜!」「ぼくの顔より大きい?」など楽しそうな声が聞こえて来ました。
 その間、男の子は動物とのふれあいを楽しみました。かわいいうさぎややぎに子どもたちは大喜びでした♪

 その後、おいしいおにぎりを食べ、次の目的地に出発です。
最後に農場の方に挨拶しましたが、うめ組の男の子が「お芋、おいしく食べるね!」と言っている言葉がなんとも素敵でした。

 さあ、次の目的地は東交バス本社です。なんとバスの窓に魔法のクレヨンでお絵描きさせてもらえました。そしてトランクルームをくぐりぬけました。いつもなら絶対にできないことにみんな大はしゃぎ!さらに大型バスの運転席に座らせてもらい、大きなハンドルも動かしてみました。乗り物大好きな人には最高のプレゼントでしたね!

 保護者の皆様、帰着が少し遅れてしまったこと、申し訳ありませんでした。しかし、子どもたちはお芋だけでなく、たくさんの思い出と喜びとペアとの楽しさなど様々な物を持ち帰ったと思います。ぜひお家でも話を聞いてあげてくださいね。
2020年9月25日(金)
待ちに待ったこの日 〜 PART1 〜
 本当なら今日は宿泊保育でしたが、こういう状況なので見送ることになりました。
それでも、子どもたちにとって楽しい行事がなくなることは残念でたまらない。

 ということで、保護者の方にも協力していただき、夜の幼稚園に来て縁日を開催し、楽しんでもらおうということにしました。

 16時、さくら組の子どもたちが元気に登園してきました。そして何やら体育館で秘密のセッティング。ヒントは「きょ」から始まる「め」がつくものだそうです(笑)
そして17時、うめ組さんが登園です。いつもの「おはよう」とは違って「こんにちは」と登園することに少し恥ずかしさを感じてもじもじ。それでもさくら組さんが迎えて手を握ってくれるとホッとしたようにお部屋に向かいます。

 さあ、少し薄暗くなってきた園庭や小学校を探検します。ペアで手を握って「あ、県庁が見える!」「天へのはしごがかかっているよ!(雲がとてもきれいでした)」などそれぞれに楽しみながら歩きました。狭い道にさしかかると「ぼくが後ろから守ってあげるから先に行っていいよ。」と後ろからうめ組を抱きかかえるさくら組さん。なんて頼もしいお兄さん!

 もうライトがないと見えないくらいに暗くなってきてからお部屋に戻ってきてパンを食べました。「今から縁日だよね?」「楽しみで楽しみで大声を出しそう!」とわくわくをおさえきれません(笑) 

 この間に保護者ボランティアの方と香大の実習生が体育館のセッティングをしてくれていました。
本当にありがとうございます!

 続きはPART2(下記)へ。
2020年9月25日(金)
待ちに待ったこの日 〜 PART2 〜
 そしていよいよ縁日の始まりです。スタンプラリーのカードを首にかけて出発!

 「まとあて」「輪投げ」「金魚すくい」「魚釣り」「ヨーヨー釣り」「巨大迷路」の6つのコーナーを順に回ります。
 
 まとあてでは、一発でねらった的に当てたさくら組さんが「手を伸ばして目はじっと的を見るんだよ。」とうめ組にこつを伝授していたり、自分が行きたいところがあってもうめ組の希望に合わせてくれる優しいお姉さんがいたりと、楽しむだけではなく素敵な姿もたくさん発揮していることを嬉しく思いました。

 また、保護者ボランティアの方もみなさん子どもたちにあわせて声かけをしてくださり、「すごい!」「やった!」と拍手をしてもらってどの子も満足そうな表情でした。

 さくら組さんが作ってくれた巨大迷路も大人気!「ぼくは7回も行ったよ!」という人もいたぐらいです。中をくぐるのが楽しかったようですね。

 全部クリアしてもらったメダルを胸に園に戻りました。うめ組さんに「今日の話を聞かせて。」と言うとなんと全員が手を上げて一言ずつ話してくれました。それぐらい楽しかったのですね。

 この後、みんなで花火を見ました。♪はなびだ はなびだ どどんぱ♪と花火の歌を歌いながら顔をきらきら輝かせて見ていました。「雲が焼けちゃうかも。」「いつもは怖くて泣くけど今日は泣かなかったよ。」などいろいろな声もきこえてきましたよ。

 きっと今日は素敵な夢を見られそうですね

 最後になりましたが、保護者ボランティアの皆様のお力があったからこそ、楽しく充実した時間となり、素敵な思い出の1ページとなりました。本当にありがとうございました。
2020年9月18日(金)
お化けのパレード
 水曜日の誕生会をきっかけにお化けへの関心が高まっているうめ組さん。
 昨日からカップでちょうちんお化けを作ったり、カラーポリ袋でお化けの衣装を作ったりしています。
今日は「お化けになってパレードをしたい!」という子どもからの提案で、さっそくどうするかの相談が始まりました。「最初に骸骨お化けが出て、それから魔法使いで・・・。」「リズム室が広いからいいかも。」「先生、ピアノ弾いて。」とどんどん話が進んでいきます。まだ入園して半年も経っていないのですが、こんなに話し合って遊びを進められるようになったんだなと嬉しく思いました。

 さあ、午後からリハーサルです。お化け・・・のはずですが、スキップでかわいく登場するんです(笑)
そして曲は「おばけなんてないさ」なんです(笑)。おばけなんですけどね・・・!

 降園前に「みんなに見せたい!」というリクエストで、うめ組の前でパレードを披露しました♪
楽しそうな様子に「ぼくもお化け作りたい。」という人が続出。

 連休明けさらにお化けが増えているかも!楽しみです。
2020年9月17日(木)
からすのパン屋さんオープンです!
 今日は実習生の研究保育がありました。
 最初に『からすのパン屋さん』の絵本を読んでくれました。楽しい絵本に、「私もパンを作りたい!」との声が聞こえました。

 もちろん作りますよ。一人ずつ紙粘土をもらい、さっそくパン作りスタートです。
先週、土粘土で遊んだ時のことを思い出し、「ちぎる」「ねじる」「のばす」「丸める」など、思い思いに粘土に向き合います。様々な形を作ってはまたひとつの塊に戻し、また違う形に成型しています。最初は、「物を作る」というよりも紙粘土の感触を楽しんでいる様子でした。
 十分に楽しんだ後、「くるくるして重ねて雪だるまパン!」「トンネルパンのできあがり!」「お化けパンだよ!」とパンの形ができあがり、紙皿にのせて完成しました。「先生、このパンの作り方を教えてあげるよ。」と実演してくれた人もいました。

 降園前のひとときでは、一人ずつどんなパンを作ったかを紹介し合いました。友達が作ったパンを見て「私と一緒だ!」「あれ、どうやって作ったんだろう?」と楽しみました。

 おいしそうなパンが焼き上がりましたよ〜。みなさん、いかがですか?
2020年9月16日(水)
9月の誕生会がありました!
 今日は9月生まれさんの誕生会でした。本園の誕生会は、誕生児が集まり、自分たちが何を披露したいかを相談して出し物を決めます。今月は「お化けになりたい」「魔法使いになりたい」という意見と、コロナの影響で宿泊保育がなくなったことから、『夜の幼稚園に探検に行ったらお化けちゃんが出てきた』というストーリーをみんなで考えました。

 5歳児二人が夜の幼稚園に探検隊に行くと、からかさお化けにちょうちんお化け、骸骨お化けなど様々なお化けに出会いました。でもかわいいお化けだったのですぐに仲良くなり、一緒に遊ぶことに・・・。

 するとそこへ悪い魔女が登場!でも大丈夫。探検隊二人は実は魔法使いだったので、みごとお化けたちを助けてくれました。最後はみんなでバルーンダンスを披露しました。

 さあ、来月はどんな出し物を見せてくれるか、今から楽しみです♪
2020年9月4日(金)
お兄さん先生・お姉さん先生が来ました♪
 香川大学教育学部から教育実習生が来ています。子どもたちはすぐに名前を覚え、一緒に虫を追いかけたりリレーをしたり、製作を楽しんだりしています。たくさんの先生たちに遊んでもらい、自分の頑張りや伸びを認めてもらい、とても嬉しそうです。
子どもたちにとって素敵な出会いの機会となっています。

 今日はお帰りの時間にお姉さん先生と歌い、絵本を楽しみ、とんぼになって遊びました。
来週は、どんな楽しいことが待っているかな?

 みなさん、台風にお気を付けくださいね。
2020年8月28日(金)
ゆうじがおかに行ったよ
 今日はうめ組みんなで雄児が丘に行きました。隣接する小学校の敷地なのですが、時々遊びに行かせてもらっています。タイヤやうんてい、ジャンボ滑り台、トンネルや一本橋、そしてひょうたん池もあります。

 最初はみんなでぐるっと一回り。探検をしました。背の高いワシントンヤシの皮が落ちているのを見つけ、「丸太だ!」「カニだ!」「馬だ!」と楽しみました。

 それからしばらく思い思いに遊びました。トンネルをのぼって頂上を目指す人、ジャンボ滑り台に挑戦する人、一本橋をゆっくりゆっくり渡る人、ひょうたん池の石飛びに挑む人・・・など、それぞれに楽しみました。

 またみんなで行こうね♪
2020年8月27日(木)
久しぶりの幼稚園!
 今日から1学期後期が始まりました。登園時刻より前から門の前で待っている子どもたちの姿に職員も楽しみな気持ちが大きくなりました♪

 検温カードを見せながらの「おはよう!」という挨拶と同時に保育室に向かってダッシュする子どもたち。「あのね、夏休みにね・・・」とさっそく門で思い出を語ろうとする子どもたち。「今日は障害物競走するんだ!」としたいことを考えてきている子どもたち。

 何より笑顔で元気いっぱいのみんなが幼稚園に戻って来てくれたことがとても嬉しかったです。

 午前保育であることに不満を訴える人が続出するほど、久しぶりの幼稚園をたっぷりと楽しんで帰りました。さあ、明日はどんな遊びが始まるかな?
明日の朝も門でお待ちしていますね!!
2020年8月20日(木)
わくわく!

 園児用トイレの完成が近づいてきました。なんと新しいトイレは園庭からも直接入れるんです。

 中も今までとはかなり変わっています。入って思わず「うわ〜!!!」と叫んでしまいました(笑)    もう私の心はわくわくでいっぱいです♪
 本当は中もお見せしたいのですが、来週みなさんが来た時の驚きと感動のためにおいておきます。
これが園庭からトイレに入るための秘密の(?)ドアです。

 今日はここまでで・・・!

2020年8月12日(水)
みいつけた!〜もんだい〜

あさのみずやりをしていると・・・

 あれ?なにかいる?

 なにがいるかわかるかな?

 よーくみてね。

 わかったかな?


 みぎがわのしゃしんもみてね。

 あさがおのはずなんだけど・・・

 あれ?なにかちがうものがある?

 あさがおはもうかれはじめてるけど、べつのものが

 おおきくなってきてるよ。

 わかったかな?

2020年8月12日(水)
みいつけた!〜こたえ〜

さあ、なにがかくれていたかわかったかな?

 こたえをいうよ。

 
 ひだりのしゃしんには・・・

 おおきな「しょうりょうばった」がかくれていたよ!

 せんせいの「ぐー」のてよりながくておおきいばっただったよ。

 
 みぎのしゃしんには・・・

 なんとあさがおのなかに「すいか」がかくれていたよ!

 つるがまきついていったみたい。なんだかなかよしみたいでおもしろいね。


 ふたつともわかったひとはすごい!!

2020年8月11日(火)
〜 知ってほしい高松園舎のこと 4 〜
  10周年記念式典の時に風船800個に種と手紙をつけて飛ばしました。
その風船ははるかかなた和歌山県や奈良県まで飛んでいき、拾った方からお手紙が届きました。奈良県のご夫婦の方とはそれ以来何年か文通が続き、ある日ご夫婦がはるばる軽トラックで園舎まで来てくださいました。なんと山で採れたという藤の若木を持ってきてくださいました。雨の降る中、砂場の東側にご主人自らが植えてくださった姿を今でも覚えています。

 その藤の木がうまく育たなくて枯れてしまったことを伝えると、また次の年藤の木を持ってきてくださいました。その時、ご自分の家の写真を持ってきてくださり、子どもたちの前で「山の中の一軒家で周りには何もないよ。こちらは温かいけれど私の方では今でもこたつをしているんです。」と静かに話してくださいました。

 現在、南東の角に植わっている藤がその時の物です。暑いときに涼しい木陰をつくって子どもたちを見守ってくれています。
2020年8月7日(金)
残暑お見舞い申し上げます

 長い夏休み、みなさんどうお過ごしでしょうか。園では子どもたちの元気な声が
なくなったかわりにセミの大合唱が響いています。
 
 7月末の個人懇談会へのご参加、ありがとうございました。お手伝いをはりきっている
姿やこまなし自転車など新しいことへの挑戦など、様々な姿を聞かせていただきました。
8月末にいろいろな話を聞けるのがとても楽しみです♪

 今、子ども用トイレの大工事真っ最中です。床やウッドテラスをはがして穴を掘り、
配管の入れ替えが終わりました。今は古い便器や水道を取り外して新しく取り替えてくれて
いるとこえろです。お盆返上で工事の方が頑張ってくれています。完成が楽しみですね!

 香川でも心配なニュースが聞こえますが、きっとみなさんは元気いっぱいで過ごしていることでしょう。
引き続き、手洗い・うがいやマスク着用で元気パワーをチャージしましょう!

2020年8月6日(水)
これなあんだ?5のこたえ

 さあ、さっきの答えはわかったかな?

 正解は・・・・・・

 ジャーン!
 ゴーヤでした!

 ちょっぴり苦いけれどビタミンCが豊富な野菜です。
ぜひ今夜のおかずにゴーヤチャンプルー、食べてみてくださいね!

2020年8月6日(木)
これなあんだ?5


 職員室前の畑で大きく大きく成長しているこれ、なあんだ?

 ヒント 
 @緑の実ができるよ
 Aちょっと苦いけれど食べると元気が出るよ
 B先生が大好きな野菜だよ

 夏休み中にお家で食べた人もきっといるはず!卵と一緒に炒めても
おいしいし、おひたしにしてもおいしいし、漬物でもいけますね!

 答えは次のページだよ。

2020年8月5日(水)
夏でも・・・

 高松園舎にはかわいい子が3羽います。
前にも紹介しましたが、チャボです。オス1羽、メス2羽です。

 毎日30度を超える暑い日が続きますが、チャボはどうなっているのでしょう?

 のぞきに行ってみました。人間が近づくと「コケコケコケ」と鳴くのは、
「おなかすいたよ〜!」とでも言っているのでしょうか?

 えさを入れるとすぐに寄ってきて
突っついて食べていました。
暑い夏でもチャボたちはみんな元気いっぱいです。

2020年7月11日(土)
幼稚園体験1日目が終わりました!
 今日は幼稚園体験1日目でした。足元の悪い中参加してくださり、ありがとうございました。
 本園の生活の様子や教育について知っていただくため、本園のDVDを見ながら一部を説明させていただきました。その後、保育室に移動して遊んでいただきました。
 今年度は感染予防対策のため人数を制限したり、例年より時間が短かったりと変更点がありましたが、たくさんの方に来ていただき、また楽しんでいただけたようで安心いたしました。

 一部を紹介します。

メダルやお面の製作・・・好きな動物を好きなだけ色塗りしてお面やメダルに
            していました。親子や兄弟でおそろいにして喜んでいる
            お子さんも見られました。
ままごと     ・・・顔も名前も知らないけれど場を共有して遊ぶ姿が
            見られました。入園直後の4歳児もこんな感じで
            遊んでいますよ。だんだん友達との認識ができて
            一緒に遊ぶようになるのでしょうね。
積み木      ・・・4歳児保育室の枠積み木を思いのままに並べて
            のぞいているお子さんがいました。「迷路ができた!」
            なるほど、積み木の中が空洞になっているのでそれが迷路
            となっているようです。子どもたちの発想の豊かさに
            あらためて驚かされました。
絵本読み聞かせ  ・・・パペットのくまさんが出てきてみんなにっこり。
            先生が読んでくれる絵本の世界に浸って楽しんでいまし
            たよ。
園庭のお散歩   ・・・ぬかるみが多く、残念ながら乗り物や遊具は使えません
            でしたが、DVDに出てきたチャボを見に行ったり、
            雨の日のお散歩を楽しんだりしていました。

 18日は幼稚園体験2日目となります。元気なみなさんが来てくれるのを楽しみにお待ちしております!
2020年6月25日(木)
ようちゅうはっけん!
「先生!!枝切りばさみ持ってきて!!」

さくら組の子どもたちに呼ばれて,何事かと急いで向かうと,ユーカリの森に,幼虫がさなぎになる準備をしていました。

初めは枝ごと切って,お部屋に持ち帰るつもりでしたが,「動かしたらかわいそう。」という意見も。
子どもたちと相談して,成虫になるまでこのまま見届けることになりました。
人がぶつからないように・・・他のお友だちが触らないように・・・
みんなに気をつけてもらうにはどうする??集まった人たちで知恵を出し合い蝶のためのバリケードが完成。

「昨日は緑色だったのに,今日は茶色だ!」
「形も変わってる!!」
幼虫からサナギになる過程を不思議そうにみる子どもたちの目はキラキラしています。

図鑑や絵本と見比べて,いったいどんな蝶が姿をあらわすのか,心待ちにしている子どもたち。
お帰りの際には是非,ユーカリの森を通ってみてくださいね(^^)
2020年6月15日(月)
どうやったら取れるかな?
 「あれを取りたい!」と指さすうめ組さん。あれとは・・・ビワです。
残り少なくなってきましたが、オレンジ色の瑞々しい実が子どもたちには魅力的でたまらないようです。

 最初は虫とり網を振り回していましたが、それでは届かないと気付き、ヤマモモを取るのに使ったかごを持ってきて台にしました。一人がゲットすると、「ぼくも!」とみんなが集まってきます。

 でも、取り方は様々。網よりもっと長い棒を探そうと畑に行き、支柱を見つけて「これでやってみる!」と勢いよく走り出す男の子。わんぱくとりでの上にのぼってそこから棒をのばせば取れるんじゃないかと見当をつけて試してみる女の子。

 子どもたちなりの試行錯誤がとてもおもしろかったです。

 せっかく取れた実は食べず、中の種に興味があって種だけ取り出す人もいて、子どもたちの興味関心は大人の予想を超えているなあとあらためて楽しませてもらいました。

 さあ、来週からはいよいよ全員登園です。どんな楽しさが待っているかな?
みんな、元気に来てね!
2020年6月11日(木)
てるてるぼうず
 今日は突然の雨。小雨のうちは藤の屋根がある砂場で遊んでいましたが、大雨になり、お部屋に避難しました。

 さっそく「てるてるぼうず作ろうよ!」との声が。「ぼく作り方知ってるよ。」と、今まで作ったことのある人が道具を準備し、作り方を伝授してくれました。

 「晴れたらいいなあ。」「お昼からは外で遊べるかな?」と会話を楽しみながら作りました。誰からともなく、「てるてるぼうず てるぼうず〜♪」と歌も始まりました。

 みんなで願いを込めて窓に貼りました。

 この日、残念ながら雨はあがりませんでしたが、午後からは傘をさして雨の日のお散歩に行きました。「ダンゴムシって雨の日はどうしているのかな?」「アジサイって幼稚園にある?カタツムリがいるかも。」と雨の日にしかできない楽しみ方を見つけたうめ組さんでした!
2020年6月10日(水)
色水屋さん
 数日前から色水屋さんがオープンしています。小学生がパンジーの花殻をたくさんくれました。一般的にはピークを過ぎた花殻は捨てる物ですが、園児にとってはこれは宝物です!

 最初は好きなパンジーを選んですりこぎでガリガリしていきます。透明だった水が色づいていくのを楽しむ人、黄色と青の花しかなかったのに緑色になって不思議そうな人、だんだん花の色とできる色水の色の関連性に気付いていく人など、様々な楽しみ方が見られます。
 2日前に色水を楽しんだうめ組の女の子が、「今日は青い水を作るんだ!」と宣言して、青系の花ばかりを選んでいました。最初は作ること自体を楽しんでいても、楽しんでいるうちに様々なことに気付くのですね。

 さらに、今日は園庭のヤマモモを取って楽しんでいたのですが、「これも色水になるかな?」といううめ組さんの言葉で新しい試みが始まりました。落ちているヤマモモを拾ってすりつぶしていきます。
 「うわあ、ピンク色!」「もっと入れたら濃い色になるかな?」と驚きや感動の言葉が響きます。

 本園の園庭には様々な植物があります。これから他の植物で試すなど、どんどん楽しい遊びが展開されていきそうな予感で、私もワクワクが膨らんできました♪
2020年6月9日(火)
うめジュースを作ったよ

 スーパーにも大粒の梅が出回るようになって梅の季節がやってきましたね!
毎年この時期には、園舎に植えてある梅の木から青梅を落として子どもたちと一緒に収穫して、みんなで「うめジュース」にします。
お店の売り場にも作り方が置いてある場合もあるのですが、ここでは園舎で作る「うめジュース」の作り方をご紹介しますね。
よければお家でも作ってみてくださいね。

≪うめジュース(高松園舎版)の作り方≫

1.梅はよく洗って、デザート用フォーク(あるいは竹串など)で穴を開けます。
2.ビンに、左端の写真のような感じで、ザラメと梅を交互に入れます。
3.数日で真ん中の写真のように果汁が出てきます。
  どれだけ果汁が出るかは梅の大きさや数によります。
4.梅とザラメをザルでこします。
5.ザラメは原液に戻し、鍋で沸かします。これで原液が完成です!
6.冷ましてからビンに入れて、冷蔵庫で保管します。
  飲むときはお好みの濃さ・甘さに薄めて飲みましょう。
  水で、炭酸水で、甘さのあるサイダーで、とお好みでどうぞ!

≪注意≫
 注意が必要なのは、果汁が出るのを待っている間、どうしてもこの暑さで梅が発酵してしまうところ。
最近は随分と暑くなってきましたから、たくさんの梅を入れていた場合、2日も冷房のない場所に置けば真ん中の写真のようになるかと思います。梅とザラメをビンに入れた後は毎日梅の様子を見てくださいね。梅から気泡が上がるようになってきたらそれは発酵のサイン、たとえ果汁が少なくても鍋で沸かしましょう。これは発酵止めを兼ねた火入れです。(この時ザラメは溶けていなくても大丈夫です。沸かしていたら次第に溶けます。)

2020年6月5日(金)
さくら組さんありがとう!
 登園したうめ組のKちゃんが「ダンゴムシを探しに行こう」誘ってくれたので一緒に園庭へ出ました。「どこにいるのかな〜?」と二人で探しているとそこへさくら組のYくんがいたので「ダンゴムシはどこにいるの?」と聞くと「王国知ってるからついてきて!」と頼もしい言葉。

 水栓のふたを開けるとうじゃうじゃ!「うわあ!すごい!」とKちゃん大喜び!
「ここはね、たぶんダンゴムシの家なんだよ」とYくん。そう言ったかと思うと走って行き、スコップを手に戻って来ました。
「はい、これはうめ組さん。これは先生の。」と3人分のスコップを持ってきてくれました。

 そこからは夢中で土を掘り、夢中でダンゴムシをカップに入れました。「これ見て。大きいからきっとお父さんだわ。」「あ、丸くなった!」とだんだん二人の会話が増えてい様子が、何とも微笑ましく、ゆったりとしながらも幸せな時間でした。

 その後、図鑑を持ってきてくれたYくん。「ここにダンゴムシのっとったわ。」と見せてくれました。なんと、Kちゃんに見せてあげるために図鑑を探しに行っていたのです。そのお兄さんらしい優しくかっこいい姿に胸がいっぱいになりました。

 水分補給の後も、さらに増えたうめ組さんにダンゴムシ王国を教えてあげるYくん。
その姿を見て、うめ組のYくんが「ぼくもあのお兄ちゃんみたいな博士になりたい!」と言い、その言葉をYくんに伝えると照れながらも嬉しそうでした。

 さくら組さん、これからもうめ組さんをよろしくね!
2020年6月5日(金)
〜 知ってほしい高松園舎のこと 特別編 〜
先日から園舎の 在園児の保護者の方専用ページ として「しんぶん」のページを作成しました。

「しんぶん」は、香川大学教育学部との共同研究から始まったもので、子どもたちの楽しい遊びが翌日以降の遊びにつながることを目的としています。また、友達の様子を見ることで、一緒に遊ぶことにつながったり関係を広めたりすることもあります。

子どもたちに向けたものなので各保育室に掲示していますが、子どもたちの園での様子を保護者の方にも見ていただくために、お帰りの際に園庭でホワイトボードに掲示していました。しかしながら、この時分に密を作り出すのも…と職員で相談した結果、在園児の保護者の方専用ページを作ることに。

お仕事やご家庭の事情でお迎えに来られないお父様、お母様方。
「しんぶん」に載せています写真は、遊びの視点で撮影したものですので子どもたちにより登場回数が異なりますが、どうぞお家でご覧になってくださいね。
2020年6月4日(木)
ごっこ遊び
 幼稚園で楽しんでいる遊びのひとつに「ごっこ遊び」があります。「忍者ごっこ」「お家ごっこ」「お姫様ごっこ」「ネコごっこ」「お店屋さんごっこ」などたくさんの種類があります。
 
 今日、うめ組では「お城ごっこ」が始まりました。枠積み木をさくら組さんが積み重ねてくれ、お城ができました。その後、ウッドテラスにお引っ越し。「スープ屋ごっこ」をしている人たちと「ピクニックごっこ」をしている人たちと合体して、お城でピクニックパーティーをすることになりました!

 「私、女の子だけど王子様!」それもいいんです。自分で決めた役割になりきることが楽しいんです。子どもたちの世界では何にだってなれます。それがとても素敵です。王子役の男の子がスープを作ってみんなに振る舞ってくれます。そんなごっこ遊びの中にも生活が垣間見えます。

 例えば、「残さず食べたらすごいわね〜」「今、お父さんが電話しているからしゃべらないでね」「お箸で食べられなかったらスプーンでもいいわよ」など、きっとお家でこんな会話をしているのだろうなと思わず笑ってしまいます。

 さあ、明日はどんな遊びが始まるかな?今からワクワクが止まりません!
2020年6月2日(火)
今日はBグループ!
 昨日から始まったグループ別登園。今日はBグループの人たちが元気に登園してきました。

 ここでうめ組さんに困ったことが!昨日のAグループは6月の最初「1」にシールを貼ればよかったのですが、今日のBグループはどこに貼ったらいいの?と困っていました。
 「ぼくが教えてあげるよ」とさくら組さん。「今日は2のところに貼るんだよ。ここだよ」と指さして教えてくれました。先生は助かりました。ありがとう!

 そして今日は虫探しが盛り上がりました。写真の幼虫、なんだかわかりますか?

 これはツマグロヒョウモンの幼虫です。こう見えてれっきとしたチョウの子どもなんです。最初は手をひっこめていた人もそっとさわると「ぷにぷにして気持ちいい!」と。その声をきっかけにみんながよしよししていました。

 さらに、さくら組さんが見つけたダンゴムシ王国。のぞきこんで「どっひゃー!」と言ってしまうほどのダンゴムシ・・・。子どもたちは「たっくさん持って帰ってお母さんに見せるんだ!」と嬉しそうにカップに入れていました。
 さあ、連れて帰ったダンゴムシの行方はいかに・・・
2020年6月1日(月)
始まったよ〜!
 今日から本格的に幼稚園が再開しました。とはいっても、しばらくはグループ別登園です。
Aグループの人たちが元気に登園してきました。うめ組もさくら組も全員登園してきて先生たちはみんな嬉しかったです。

 さくら組さんはさっそく砂場道具や乗り物を準備してくれたり、うめ組に来て身支度のお手伝いをしてくれたりしました。「タオルをどこにかけるか教えてあげようか?」と優しく聞き、「ここだよ」と指さしてわかりやすく教えてくれました。

 うめ組さんは新しいままごとの道具やごちそうを見つけてすぐにお店屋さんごっこが始まりました。実は丸洗いできて十分に除菌できるようにプラスチック製のものにかえました。
ですから、みんな初めて見るお鍋に初めて見るごちそうを入れ、「特製ハンバーグできましたよ!」と
楽しんでいました。

 そしてうめ組さんは園内探検をしました。職員室の大きな耐火金庫を見て「うわあ、大きな冷蔵庫!」
なんともかわいいです♪ 

 明日はBグループ、お待ちしています!
2020年5月28日(木)
園庭開放3日目
 今日が最後の園庭開放です。朝から汗をかくほどのいいお天気です。

 「ダダダダダ・・・」

 来た来た。あれはさくら組さんの足音かな?

 みんな元気に登園してきました。

 苗植えでは、スコップに土を入れながら「うんしょうんしょ」とかわいいかけ声が聞こえてきたり、さくら組さんが「うめ組は何を植えてるの?ぼくはピーマン」と様子を見に来てくれたりしていました。

 また、さくら組さんが見つけたテントウムシをうめ組さんが教えてもらってみんなで顔をつきあわせて見るかわいらしい姿もありました。「テントウムシの成虫」「幼虫」「ダンゴムシ」などたくさんのお土産を手に帰って行きました。

 さあ、来週から幼稚園が再開します。毎日みんながどんな表情や遊びを見せてくれるか、とっても楽しみです。先生たちみんなで待ってますね〜♪
2020年5月27日(水)
園庭開放2日目!
 昨日に続き、今日も園庭開放でした。「おはよー!」と元気いっぱいに勢いよく走ってきたのはさくら組さん。その後ろから少し控えめに来たうめ組さん。
「楽しみすぎて昨日寝られなかったよ。」「朝早く起きて用意しとったよ。」となんとも嬉しい言葉!

 さくら組さんは自分が選んだ野菜の苗を植え、うめ組さんはミニトマトの苗を植えます。
たくさんある苗の中から「どれにしようかなあ?」「甘くなるかなあ?」とじっと見つめて「ぼく・わたしの苗」を見つる姿に思わずにっこりしてしまいます。

 また、こいのぼり作りも個性が表れておもしろいです。中にはこいのぼりに自分の顔を描いている人もいました。まるで空を悠然と泳ぐこいのぼりに乗っているみたい!とっても素敵です。
 さくら組さんは、こいのぼり作りは家でするので、時間いっぱいたっぷり遊びたいという人もいました。さっそくドッジボール。でも、「うめ組さんもおるからどこでしたらいいかな?」と考える姿はさすが年長組です。

 昨日今日でクラスの3ぶんの2くらいの人たちに会いました。今日は暑くてみんな汗をかいていたけど、先生たちはたくさんの笑いと喜びとみんなの笑顔と元気をもらいましたよ!
 さあ、ラスト1日、明日は何が起こるかな?
2020年5月26日(火)
おかえりなさい!
 今日は待ちに待った園庭開放(親子登園)の日でした。昨日から先生たちがいろいろ準備していましたが、「みんな元気に来るかな?」「久しぶりの幼稚園、楽しんでくれるかな?」とドキドキしていました。

 朝、「おはよう!」「先生!来たよ。」と元気な声と共に登園してきた人たち。
うめ組さんは少し恥ずかしそうな人もいましたが、遊び始めるとすぐに友達や先生と楽しそうに遊んでいました。

 野菜の苗を植えたり、こいのぼりを作ったりした後、園庭やリズム室で遊びましたよ。
残念ながら午後から雨が降ってしまったけれど、藤棚のおかげで濡れない砂場では山を作ったり突然現れた太い根っことの綱引きが始まったり・・・。
 作ったこいのぼりを空に掲げて走る姿や、まだ名前を知らない友達と一緒にままごとを楽しむ姿、「こまなしに乗れるようになったよ。」と自信たっぷりに披露してくれる人・・・。
ああ、幼稚園が始まったなあ、みんなが戻ってきたなあ、おかえりなさいという気持ちでいっぱいになりました。

 明日・明後日もどんな話を聞かせてくれ、どんな姿を見せてくれるか今からわくわくする気持ちがおさえきれません。先生たち、みんなで待ってるよ〜!
2020年5月25日(月)
準備完了!
 お部屋の水道、何かが変わったの、わかるかな〜?

 そしていよいよ明日は園庭開放です。やっと、やっとみんなに会えます。お部屋も園庭も準備完了です。

 お天気も心配なし!元気な笑顔で登園してね♪
2020年5月22日(金)
野菜の苗が届いたよ
 毎年、本園では香川大学農学部から苗を購入しています。大切に大切に育ててもらった苗が届きました。
 うめ組さんはみんな、育てやすく実がたくさんなりやすい「ミ○○○○ト」を育てます。さくら組さんは、うめ組での経験があるので、数種類の野菜の中から自分で一つ選んで育てます。今年はつるが伸びてなが〜い実ができるあの野菜が人気だったようですよ。

 来週の園庭開放でお家の人と一緒に来てもらい、自分の植木鉢に植えます。
どんなお花が咲くかな?どんな実ができるかな?これから楽しみですね。
朝来たらじょうろを置いているので、お水やりをお願いしま〜す!
2020年5月21日(木)
これなあんだ? 4
 きょうはこのしゃしんです。これ、なにかわかるかな?
しょくいんしつのまえのげんかんにずら〜っとならべているケースにはいっています。

 ヒントは・・・

 
 1) ちからもちできのえだやほかのむしももちあげます。
 2) こどものときはふようどやはっぱをたべるけど、おとなになると
   じゅえき(きのみつ)がすきです。
 3) おとなになるとつのがあるつよくてかっこいいくろっぽいむしになります。


 わかったかな?ほとんどはまだようちゅうですが、なんひきかさなぎになろうとしている
ところです。ようちえんにきたらみてね!
2020年5月19日(火)
たねをまいたよ
 みんなと いっしょに まきたいなと おもって よういしておいた たね。

 「あさがお」と「ひまわり」

 どんな おはなが さくか しっているかな?

 みんなに あえるのは もうすこし さきになるので せんせいが まきました。

 めが でてくると いいな♪

 みんなで おはなが みられると いいな


 みんなの かおにも とびっきりの えがおの はなが さきますように・・・。
2020年5月15日(金)
先生バンド?

 先日附属体操を動画で撮りました!と書きましたが、実は音楽の著作権の関係で
アップできませんでした。そこで、私たち職員が演奏して録音しようということになりました。

 それぞれに楽器をもち、音を取りながら進めていきました。一時“おやじバンド”なんて
はやりましたが、“先生バンド♪”で頑張りました。なかなか楽しかったですよ 

 リズムのずれやミスはご愛嬌ということで、アップをお楽しみに!!

2020年5月14日(木)
すてきなおくりもの
 幼稚園にすてきな贈り物が届きました。


 マスクがなくて困っていたクマちゃんたちも大喜び。
 どれもすてきなマスクばかりで,どれをつけようか迷います。

 作ってくれてありがとう♪ 
フレーム
2020年5月12日(火)
『そらまめくんのベッド』

 この絵本を知っていますか?

 先ほど紹介したソラマメが出てくる絵本です。
そらまめくんが大切にしているベッド、くものようにふわふわで、わたのようにやわらかいんですって。誰にも貸したくないぐらい大切なベッドがある日突然なくなります。

 そらまめくんは一生懸命探します。見つかるかな?

 やっと見つかったベッドはなんと・・・!

 最後はとても心温まる素敵な絵本です。幼稚園の絵本の部屋にもあるので
ぜひ読んでみてね!

2020年5月12日(火)
これなあんだ?

 これ何かわかるかな?


 中の写真を見たらわかったかな?

 
 正解は・・・


 ソラマメ!でした。食べたことありますか?もしかしたら育てたことがある人もいるかもしれませんね。
 ソラマメの皮の中にはふわふわの綿のようなものが入っています。
さわってみると気持ちいいです。
 豆もおいしいですね。昨日、私は焼いて食べましたよ。

 おいしいものがたくさんの季節です。いろいろな野菜も食べて、元気パワーをアップしておいてくださいね!

2020年5月11日(月)
附属体操
 今日は先生たち全員がそろいました。見よ、この運動しますという格好。
そしてリズム室に集合!

 音楽と共に始まったのは、附属体操。昭和62年に附属小学校の先生が作られたこの体操を、毎年高松園舎の運動会で披露しています。さくら組の何人かが体操リーダーになり、みんなの前でお手本となります。

 近いうちにホームページにアップしますので、みんなでやってみましょう!
ぜひ、お家の方も一緒にどうぞ!(なかなかいい運動です・・・)
2020年5月8日(金)
「パワーをもらったよ」
 昨日今日の二日間で、担任から各ご家庭に電話をさせていただきました。
休園が長くなり、会えないのはとても寂しいけれど、電話でみんなの元気そうな様子が伝わってきて、少しホッとしました。

 中には「こまなし自転車に乗れるようになったよ」「釣りをしたよ」「お母さんと料理をしたよ」「おいしいドーナツを作ったよ」など嬉しい報告もたくさんありました。

 「せんせー!」と電話で元気いっぱいの声を聞かせてくれた人もいました。そんな声に私たち職員は大きなパワーをもらいました。

 6月には会えるのを心から願っています。いっぱいいっぱい遊ぼうね!
2020年5月5日(火)
こどもの日
今日はこどもの日。みなさん、どのようにお過ごしでしょうか。
例年、本園では健康育成部の方を中心に柏餅を作って子どもたちにふるまってくださいます。
この写真は昨年度のものです。お餅を包んでいる柏の葉は、以前のブログに書いたように、園庭のカシワの木からお父さんたちが剪定してくださったものです。

今年はどうかな・・・。みんなでおいしい柏餅をいただきたいなあ。

そこで、よろしければ、お家で親子クッキングしてみませんか?昨年度のレシピを 載せますので、ぜひこの機会に作ってはいかがでしょうか。どんな柏餅ができたか、幼稚園が始まったらお話を聞かせてくださいね!

〜柏餅20個分〜
<材料>
  特選京米粉(または上新粉)225g/大福もち粉(もち粉)25g/砂糖50g
  片栗粉20g/水45g/お湯(40〜50℃)200g
  こしあん10g×20個/かしわ葉20枚

<作り方>
1)ボールに上新粉・大福もち粉・砂糖を混ぜ合わせ、少しずつお湯を入れながら
  生地が耳たぶの硬さになるまで混ぜる。
2)蒸し器に濡れ布巾を敷き、生地中心部に穴をあけて20〜25分蒸す。
3)こしあん10g×20個を作る。
4)生地が蒸しあがれば、布巾ごと取り出し水をかけて粗熱を取り生地をよくこね
  る。
5)4に水で溶いた片栗粉を入れ、さらによくこねる。
6)バットに取り出し、棒状にして20個に切り分けて丸める。(1個約30g)
7)手水をつけ、平たい楕円形にしてこしあんを置きハマグリ型に包み、かしわ葉で
  包む。
8)蒸気のあがった蒸し器に濡れ布巾を敷き、7を並べ、約7分蒸す。3分したら一
  度蓋を取り、外気を入れる。
9)蒸しあがれば十分にさまして完成!
2020年4月30日(木)
子どもの遊戯
フレーム
この絵がどこにあるか知っていますか?

そうです。高松園舎の玄関にあります。大きな絵です。これは、ブリューゲルが描いた「子どもの遊戯」の複製画です。
この絵には91個の遊びが描かれているそうです。今みんなが遊んでいるのと似た遊びもありますね。

 幼稚園に来たら、どんな遊びがあるのか親子で探してみるのもおもしろいかもしれませんね。 
他にも高松園舎には素敵な絵や民芸品、保護者の方手作りの品々がたくさんありますので、ぜひご覧ください。
2020年4月28日(火)
もしかしたら・・・
フレーム
休園になってからメスのチャボがずっと小屋の奥に座り続けています。
おなかの下にはなんとたまごがあります。さわってみるとあったかいんです。
たまごが転がっていくと、くちばしでつんつんってつついておなかの下に戻すんです。

 もしかしたら・・・もしかしたら・・・
幼稚園に仲間が増えるかしら?かわいい子が見られるかしら?

 えさをあげながら期待が膨らむ先生たちです。
2020年4月28日(火)
今だからできること
 おはようございます。みなさん、休園になって長いですが、毎日何をして過ごしていますか。
 昨日「お家で縄跳びに挑戦している」という話を聞きました。先週の電話でも「親子で料理をしている」「お父さんと天井に届くくらいの工作を作っている」「お手伝いを頑張っている」など、様々な声を聞かせてくれました。

 たしかに今の状況は我慢が多いです。それでもその中で楽しみを見つけていくってとてもすてきだなと思いました。
 実は今だからできること、私もしています。それは「語り」を練習することです。
「語り」とは、絵本を見ずにお話を語ることです。お話し会で時々聞かせてくれますね。
私もレパートリーを増やそうと、運転しながらぶつぶつ、お風呂の中でぶつぶつ練習しています。

 いつかみんなに披露できたらいいな。また会えるのを楽しみに、今できることを楽しみましょうね!
2020年4月27日(月)
これなあんだ? 3
今日はこの3枚の写真でクイズだよ。

 ヒント:◎左の写真は、さくら組さんならわかるかな。
       うめ組の時にみんなで食べたね。
       わんぱくとりでの後ろに立っている背の高い木になる実です。
       上の方はカラスに食べられてしまうのです…。
       実の色は、みんなの夏の制服の色だよ。
     ◎真ん中の写真も、1年前に食べた人がいますね。
       ブランコの近くの木です。
       木登り名人はこの木に登ることもできますよ。
     ◎右の写真がどこかわかった人はすごい!きっと探検名人です。
       すぐには見えなくて、たくさんの木に囲まれた場所に生えています。
       秋頃黄色の実ができてジュースを作ったこともあります。
       のどに優しい○○○です。


 さあ、わかったかな?実の写真しかないので難しいですね。幼稚園に来たら、ぜひこの実を思い出して木を探してみてくださいね。




 それでは…。答えを発表します。
 左の写真は「ビワ」です。真ん中は「ヤマモモ」です。右の写真は「カリン」です。
全部分かったあなたは、高松園舎博士だ!
2020年4月24日(金)
3羽のなかま
幼稚園には3羽のかわいいチャボがいます。

いつもみんなに抱っこしてもらったり,キンダータクシーに乗ってお散歩したりしているチャボちゃん。

高松園舎の大切ななかまです(^^)

幼稚園がおやすみの間,3羽のチャボもなんだか寂しそう。

休園中,3羽のチャボたちはどんなお話をしているのでしょうね。
2020年4月23日(木)
これなあんだ? 2
 今日の「これなあんだ?」はこの3枚の写真です。
どれも園庭にあるものです。

 
ヒント ◎一番みんなが知っているのは右の写真かな。
      うたのいしの近くにもあるし丸太小屋の近くにもあるよ。
      もうちょっと大きくなったらジュースが作れますよ。
    ◎左の写真の実もたくさん落ちています。
      背の高い木から落ちますよ。よく「まつぼっくり」とみんなが
      言っているものですが、松の木ではないんです。
    ◎真ん中の写真は丸太小屋の近くによく落ちています。
      マイクにして歌ったり、「つくしだ〜!」と
      拾って見せてくれたりするあれです。

 どこに落ちているかもわかった人はすごい!
園庭をよく見ているのでしょうね。探検が好きな人かな?



それでは、答えです。

 左の写真は「メタセコイア」の実です。
さくらんぼみたいにくっついているのも時々落ちていますね。
 真ん中の写真は、「タイサンボク」の実ですが、種が落ちた後の実のようです。
もうすぐ白くて大きな花を咲かせてくれますよ。
 右の写真は、「ウメ」の実です。
高松園舎には梅の木がたくさんあり、毎年実をつけてくれます。
これでジュースを作って飲みましょうね。
2020年4月22日(水)
これなあんだ? 1
 園庭にあるこの実、何か分かりますか?
よく似ていますね。でも、大きさや太さが違うんです。

ヒント ◎左の写真はみんなのお弁当にもよく入っています。
      私も大好きなあれです。
     ◎右の写真は笛にして音を鳴らすことができます。

さあ、分かったかな?



答えは……
左の写真は「スナップエンドウ」で右は「カラスノエンドウ」でした。
幼稚園が始まったら、どこにあるか探してみてね。
2020年4月21日(火)
〜 知ってほしい高松園舎のこと 3 〜
 問題です。この木は何の木でしょう?

 これはユーカリの木です。子どもたちは「コアラの木」と言います。
本園の北庭にはユーカリの木が立っていて、幼稚園全体を見守っているかのようです。
だから北庭のことを「ユーカリの森」と呼んでいます。

 ユーカリの森では、探検、ままごと、さらこな作り、鬼ごっこはもちろん、ドッジボールも行われます。この「ユーカリドッジ」は、木や大きな石を障害物にして楽しみます。広々とした園庭で行うドッジボールとは異なり、自分が投げたボールが石に跳ね返って自分に戻ってくるという偶然性を楽しんだり、忍者のように木の後ろに隠れたり、木に登ってボールをよけるハラハラ感を楽しんだりと、様々な楽しみ方があります。

 みんなが幼稚園に戻ってくるのをユーカリの木も待っていますよ!
2020年4月21日(火)
〜 知ってほしい高松園舎のこと 2 〜
 ♪ちきゅうにうまれてよかったな♪

これは「たかまつえんしゃのうた」の冒頭です。この園歌はあの まど・みちおさん作詞、中田喜直さん作曲という素晴らしい歌です。まどみちおさんといえば、「ぞうさん」を知らない人はいないのではないでしょうか。

 子どもたちはこの園歌が大好きです。砂場で穴を掘りながら口ずさみ、水道で手を洗いながら口ずさみ、椅子を運びながら、トイレに並びながら、降園準備をしながら、いつでも口ずさんで楽しんでいます。職員も大好きな歌です。

 正門を入ってすぐに「うたのいし」と子どもたちが呼んでいる石があります。
ここにはまどみとさん直筆の園歌が刻まれています。この石も子どもたちに大人気の場所です。
ぜひ、みなさん、見に来てくださいね。

 うめ組さん、これから覚えて一緒に歌いましょうね。さくら組さん、うめ組さんに教えてあげてくださいね。
2020年4月20日(月)
休園6日目
 今日は朝からトイレや台所、倉庫を掃除して片付けました。
いつも以上に念入りにきれいにしました。これから子どもたちが登園してきたら、毎日使うところですからね。

 これから給食(業者弁当)が始まることも考えて、台所を模様替えしました。
早くみんなでお弁当を食べたいな。

 休園が延長になってしまったのはとても残念ですが、大切な命を守るためだから、次に会えるのを楽しみにみんなでお家にいましょうね。
2020年4月17日(金)
休園5日目
 ジャーン!
完成しました、砂場倉庫。とても素敵な倉庫ができましたよ。
今からこの中に砂場の道具を入れていきます。

「みんな、幼稚園に来たらびっくりするかな?」
「誰が一番に開けるかな?」
「またみんなでいっぱい砂場遊びしたいあなあ。」

など、職員もドキドキワクワクしながら片付けていました。

 早くみんなが幼稚園に戻ってきますように・・・。
2020年4月16日(木)
〜 知ってほしい高松園舎のこと 1 〜
 園庭に背の高い木が立っています。園庭で走り回る子どもたちを見守っているかのようなその木は「カシワ」の木です。あの柏餅の葉っぱの木です。

 この木、実は香川県に3本しかないそうです。3本のうちの1本が本園にあるんです。
そして、毎年5月になると青々とした葉をつけます。それをお父さんたちが剪定して、お母さんたちがおいしい手作りの柏餅を作ってくれます。いつも見ている木の葉を使った柏餅、最高です!この日ばかりはあんこが苦手な人も「おいしい!」と柏餅を頬張ります。

 今年は残念ながら柏餅を作るのは難しそうですが、子どもたちの砂場遊びやままごとにカシワの葉を使ってもらおうかな。みんなで泥団子バージョンの柏餅を作りましょうね。
2020年4月16日(木)
砂場倉庫
 砂場の倉庫が新しくなりました。チャボの小屋に合わせて木製の倉庫です。
大工さんが来て建ててくれました。完成して中の道具を入れるのが楽しみです。

 さくら組さん、さっそく砂場当番の出番です!新しい倉庫から出してね。
早くみんなと砂場で遊びたいなあ。
2020年4月15日(水)
山 出現!
 園庭に山が出現しました。うめ組さん、さくら組さん、どこかわかるかな?

 昨日職員が砂場の砂を入れ替えました。その砂で山を作りました。「みんな楽しんでくれるかな?」そんな話をしながら作りましたよ。

 早くみんなが幼稚園に戻ってきますように・・・。
2020年4月14日(火)
休園2日目
 休園して2日目の今日は、朝から晴天。これは絶好の掃除日和。

 ということで、まずは砂場の砂をかきだし、園庭中を見回って、木の根が出ているような危険な場所を埋めていきました。思ったより深く、汗びっしょりになりながらかき出しました。明日には新しい砂が届くので、次に子どもたちが来たときには気持ちのいい柔らかい砂で思い切り遊べそうですね。

 午後からは砂場の道具をすべてきれいに水洗いし、乾かしました。長年子どもたちが遊びこんでいるものなので、ひびが入っているものもありました。まだ使えるものをわけながら、「このカップで○○ちゃんがさらこなを作ってたよね。」など、職員の会話にはたくさんの子どもたちが登場しました。

 一緒にさらこなや泥団子を作ったり、スコップで穴を掘ったりするのが楽しみです!
2020年4月13日(月)
休園だけど・・・
 感染症対策として休園になって1日目。幼稚園に入ると、なんだか静かで寂しい。
子どもたちがいない幼稚園は本当に静かです。

 会えないことも一緒に遊べないことも残念でたまらないですが、何より子どもたちの命が一番大切!次に会えるのを楽しみに、今できることをしようということで、1日目の今日は遊具や道具などの消毒、スカートやエプロンなどの洗濯、ままごとのごちそうや積み木などの修復をしました。

 普段、子どもたちが手にすることが多いものばかりです。安心して触れて遊べるようにとの願いを込めてきれいにしました。

 早く幼稚園にみんなが戻ってきますように・・・。
2020年4月9日(木)
エスコート
 入園式翌日。今日からうめ組さんは門でお家の人に「いってきます」と言ってお別れします。
でも、安心してください。さくら組のお兄さんお姉さんが門からお部屋までエスコートしてくれます。
さくら組は4グループに分かれ、1グループずつエスコートします。今日は赤グループさんです。

 「歩いて行く?タクシーに乗る?」と優しく聞くさくら組さん。きっと1年前に自分がしてもらったことを
思い出しているのでしょう。お姉さんに手をつないでもらってにこにこ笑顔で登園した人、お兄さんが運転するタクシーに乗せてもらって満足そうな人、まだまだ緊張気味の人、様々です。

 明日は青グループさん、よろしくね!
2020年4月8日(水)
祝 入園!
 今日は待ちに待った入園式でした。状況から挙行できるか不安もありましたが、無事に行うことができました。
かわいいうめ組さんの入園をお祝いするかのような晴天。職員もみんな首を長くして待っていましたよ。

 うめ組もさくら組も全員がそろって行えたことが何よりです。名前を呼ばれてドキドキしながらも「はい!」と手を上げて返事をしてくれたうめ組さん、とってもすてきでした。

 そして、自分たちが作ったチューリップバッグのプレゼントを手に、スキップでうめ組さんをエスコートしたさくら組さん、お兄さんお姉さんになりましたね。うめ組さんの速さに合わせたり「一緒に行こう」と笑顔で声をかけたりしていました。

 明日からいっぱい遊びましょうね。
 ご入園、おめでとうございます。