1. TOP
  2. 附属学校園

附属学校園

2地区における附属学校園の先進的な教育研究

教育学部には、附属学校園が高松と坂出の両市にそれぞれあり、幼稚園、小学校、中学校、特別支援学校(坂出)のすべての校種が揃っています。

各附属学校園にはこれまでの歴史と伝統に輝き、附属ならではの教育的風土が醸し出されています。高松地区においては、学校種に基盤を置いた新教科の開発等、先導的・先進的教育実践研究を推進し、「総合的学習の時間」などの新設に貢献してきました。一方の坂出地区では、幼・小・中一貫教育モデルの開発に熱意を注ぎ、校種を越えて一貫した教育の実践的研究が試みられており、この研究は全国的にも注目を集めております。特別支援学校は小学部・中学部・高等部があります。小学部から高等部までの12年間にわたる個に応じたきめ細やかな一貫教育を行い、知的障がい児や生徒が自立できるまでの支援等の先進的な取り組みをしております。

また、附属坂出中学校の隣接地には特別支援教室「すばる」の施設があります。学習障害(LD)、注意欠陥/多動性障害(AD/HD)等の学習に困難をきたしている県内の幼児、小・中学生に対し、治療的教育に焦点化し先導的に取り組んでいます。

各学校名をクリックすると各学校のサイトが別窓で開きます