1. TOP
  2. 教育学部
  3. 学校教育教員養成課程(平成26年度以前入学者)
  4. 教科教育コース 数学領域

教科教育コース  数学領域

概要

  • ・数学領域は、代数学、幾何学、解析学、確率・統計、コンピュータを基礎として、実践的な数学教育の教授・研究を主目的としています。本領域での学習を通して、小学校算数や中学校数学に関する①授業、②教材教具の開発、③カリキュラムの開発、をなし得る教員の育成をめざしています。

  • ・教育課程は、算数・数学教育の基礎となる現代数学の知識・技能や体系、それに小学校算数や中学校数学の内容論や方法論などを学ぶことができるように編成されています。それによって、小・中・高校で学んだ数学的諸知識がどのように体系づけられているか、また、現代において数学とその教育がいかに重要な役割を果たしているかを深く理解することができるでしょう。さらに、算数・数学教育の楽しさやおもしろさ、奥の深さなども体験できるに違いありません。

  • ・右の写真は授業の、左はゼミ(演習)の様子です。ゼミは3年次の後期から始まり、少人数で討議しながら、ある特定の分野についての理解を一層深めていきます。4年次には、ゼミで研究したことをもとに卒業論文を作成します。

担当教員

担当教員 主な担当授業科目
内藤 浩忠 代数学緒論、代数学Ⅳ、数学入門B、数学科教育論、確率・統計Ⅱ
岡  晋平 幾何学Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ、数学入門A、幾何学緒論、確率・統計Ⅱ
佐竹 郁夫 解析学Ⅰ・Ⅱ・Ⅳ、解析学緒論、数学入門B
高野 啓児 代数学Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ、数学入門A
松島  充

カリキュラム